光脱毛後に飲酒してはいけないわけ

###Site Name###

エステで脱毛の契約をする際の注意事項に、施術日の飲酒禁止という項目があります。施術前に飲酒して来店し、スタッフに絡むからという理由ではありません。



もしかするとそれもあるかもしれませんが、そうではなくて事故防止のための策なのです。

エステでは光を照射して毛根を処理する光脱毛でお手入れを進めます。

処理されるのは毛根だけですが、毛根の周りの皮膚にも多少なりとも熱ダメージを受けることになります。

脱毛の最新情報を紹介します。

ここで飲酒について考えてみましょう。

お酒を飲むと血流がよくなり、体が温かくなります。

つまり施術後に飲酒をして血行がよくなると、肌の中の少しのダメージがさらに広まって、赤く炎症を起こしたりやけどになったりする恐れがあるのです。

施術日の激しい運動や入浴が禁止なのも、同じく体が温まるからなのです。脱毛エステは駅の近くや繁華街にある店舗が多く、お酒の誘惑もたくさんあるでしょう。


休日だったりしたらなおさら友人からお誘いが入るかもしれません。

ビジネスジャーナルをご紹介します。

自分は肌が強いから大丈夫と過信して飲酒して、肌トラブルになっては元も子もありません。
その肌トラブルが治らないことには次の施術も受けられず、せっかくとった予約を変更する羽目になってしまいます。

脱毛サロンの予約は多くても月に2回ほどでしょう。


それくらいはお酒を控えるのは当たり前です。

施術日の飲酒はNGなど、必要最低限の決まりを守れないことには、ツルツルすべすべの美肌をゲットできないのです。